地方都市から、世界へ。
強烈な異彩を、未来へ。
あたらしい“常識“に挑戦するアートギャラリーです。

地方都市から、世界へ。
強烈な異彩を、未来へ。
あたらしい“常識“に挑戦する
アートギャラリーです。

「HERALBONY GALLERY」は、
障害者の描いたアート作品を販売するギャラリーではありません。
「HERALBONY GALLERY」は、
障害は欠落ではないという思想を販売するギャラリーです。

この場所が、“異彩“を全世界に放つ拠点となる。

思想に共鳴する応援者と共に成長し続けるその先には、
地方都市・岩手盛岡が「“障害“のイメージ変容を実現」する
聖地になる未来が存在しています。

「HERALBONY GALLERY」は、
障害者の描いたアート作品を販売する
ギャラリーではありません。
「HERALBONY GALLERY」は、
障害は欠落ではない
という思想を販売するギャラリーです。

この場所が、
“異彩“を全世界に放つ拠点となる。

思想に共鳴する応援者と
共に成長し続けるその先には、
地方都市・岩手盛岡が
「“障害“のイメージ変容を実現」する
聖地になる未来が存在しています。

EXHIBITION

YU TAKADA EXHIBITION

会期:2021年9月18日(土)〜 10月31日(日)
主催:株式会社ヘラルボニー
協力:自然生クラブ

「HERALBONY GALLERY」の第4回企画展の主役を務めるのは、迷路やパレードといったエンターテイメント性の高いモチーフを描き続けている高田祐(自然生クラブ・茨城)です。

直線の往還と統一的な色彩が、900mm×900mmという正方形の矩形の中で展開される様は、まさに小さな箱庭であり、作品そのものがテーマパークになっていると言って良いでしょう。高田はダンスによる身体表現も得意としており、一つの音楽やテーマに合わせて楽しみを提供するプロです。

世界に通じる実力を持った、日本全国の作家を、岩手から発信していく。地元に根差しながら、遠く射程を構える「HERALBONY GALLERY」の第4回企画展。高田祐の贈る遊園地のような世界観に、チケットは必要ありません。夢の国行きの列車へ、どうぞご乗車ください。

ARTIST|高田 祐 Yu Takada

所属:自然生クラブ(茨城県)

東京都出身。伊奈特別支援学校高等部に在学中から、自然生クラブの太鼓ワークショップに参加し、抜群のリズム感を披露していた。2001年より自然生クラブのメンバーとなり、農作業や絵画、ダンスなどの表現活動に取り組み、ベルギー、香港、デンマークなど海外公演にも参加。田楽舞いの太鼓で、中心的役割を果たす。ダウン症、健康上の不安を抱えながらも豊かな感受性と想像力で、その表現の幅を広げている。2013年秋、個展「色彩の迷路展」を開催。

ARTWORK

 

HERALBONY GALLERYで展示している作品は、オンラインストアでも購入いただけます。

HERALBONY GALLERYで展示している作品は、
オンラインストアでも購入いただけます。

Sold out

Sold out

Sold out

NEWS

第4回原画展「高田祐展」を9月18日より開催

GALLERY・2021-09-18

「HERALBONY GALLERY」、第3回原画展「岩瀬俊一展」を8月7日より開催

GALLERY・2021-08-06

障害のある作家の才能を伝える「HERALBONY GALLERY」、第2回原画展「森啓輔展」を開始

GALLERY・2021-06-19 

SUPPORTERS

HERALBONY GALLERYは、日々応援してくださるサポーターの皆様と共に、
さらなる異彩を世界へ発信していくため、成長し続けてまいります。

HERALBONY GALLERYは、
日々応援してくださるサポーターの
皆様と共に、さらなる異彩を世界へ発信していくため、
成長し続けてまいります。

サポーターの皆様

株式会社髙木ビル

BIRTH

秋間 早苗様

小野寺 寿光様

池下 久美子様

石井 洋介様

伊藤 史人様

印部 孝輔様

齊藤 鷹之様

酒井 裕希様

髙木 秀邦様

玉井 理加様

野内 敦様

福留 聖樹様

松田 翔太様

前田 貴子様

山田 倫様

ACCESS

住所 〒020-0026
岩手県盛岡市開運橋通2-38 @HOMEDELUXビル4F
HERALBONY
開廊時間 12:00〜19:00
休廊日 水曜日・木曜日

ACCESS

住所 〒020-0026
岩手県盛岡市開運橋通2-38 @HOMEDELUXビル4F
HERALBONY
開廊時間 12:00〜19:00
休廊日 水曜日・木曜日

CONTACT

原画の予約・購入の検討、
作品導入においての不明点など、
お気軽に「ヘラルボニーギャラリー」に
お問い合わせください。