Minami Takahashi"Rondo of the Wind"
Minami Takahashi"Rondo of the Wind"
Minami Takahashi"Rondo of the Wind"
Minami Takahashi"Rondo of the Wind"

Minami Takahashi"Rondo of the Wind"

Regular price ¥22,000 + Flat rate ¥ 700 (shipped within 7 business days) * Exception for original sales only
/
Tax included. Shipping fee will be calculated lastly.

Takahashi Minami

t first glance, the work, which is made up of layers of coupe pencils and crayons, evokes a fierce working attitude that requires rapid pencil movements.
But in fact, her work is very slow and gentle. Each colour she paints does not mix with each other, but appears on the canvas with its own beauty, a strange combination of intensity and tranquillity that is hard not to be drawn to.

Material:100% cotton

Size:53cm×53cm

WHY HERALBONY ?


HERALBONYは日本全国の福祉施設とライセンス契約を結び、
障害のある作家が描く作品を、
さまざまなプロダクトに
落とし込んで社会に届けています。

プロダクトを通して「障害」のイメージ変容に
挑戦すると同時に、障害のある人の
賃金格差の解消にも挑戦しています。

日本の就労継続支援B型事業所の平均賃金は16,118円。
  (厚生労働省「平成30年度工賃(賃金)の実績について」)

HERALBONYのプロダクトを購入いただくことに、
販売価格の5%(業界平均3%)が
障害のある作家に還元されています。

アーティスト還元率 (販売価格に占める割合)


ライセンス業界
平均 3%

小売商品:5%
+
その他の取り組みでも、アートが起用されるごとに、
下記を目安としてお支払いしております。

仮囲いアートミュージアム:10%
ノベルティグッズなど他社連携事業: 30%
原画の販売: 40~50%


私たちは、「アーティストのもとへ足を運び、
家族や福祉施設の方も含め人間関係を丁寧に作っていき、
契約を結ぶ」という過程を何よりも大切にしています。

重度の障害のある作家さんと契約を結ぶこともあり、
お金の感覚があまりない方もいらっしゃいます。
だからこそ作家さん、保護者の方、福祉施設という
3者確認が重要だと考えます。

そして、アートが商品に変わり次第、
作家さんへお届けし、実際に手にとって確認していただきます。
完全には理解してもらえない時も伝えようとして伝え続ければ、
「何か楽しいことが起こっていること」は感じ取ってくれるようです。

WHY HERALBONY ?

HERALBONYは日本全国の福祉施設とライセンス契約を結び、
障害のある作家が描く作品を、
さまざまなプロダクトに
落とし込んで社会に届けています。

プロダクトを通して「障害」のイメージ変容に
挑戦すると同時に、障害のある人の
賃金格差の解消にも挑戦しています。

日本の就労継続支援B型事業所の平均賃金は16,118円。
  (厚生労働省「平成30年度工賃(賃金)の実績について」)

HERALBONYのプロダクトを購入いただくことに、
販売価格の5%(業界平均3%)が
障害のある作家に還元されています。

アーティスト還元率 (販売価格に占める割合


ライセンス業界
平均
3%

小売商品:5%
+
※その他の取り組みでも、アートが起用されるごとに、下記を目安としてお支払いしております。

仮囲いアートミュージアム:10%
ノベルティなど他社連携事業: 30%
原画の販売: 40~50%


私たちは、「アーティストのもとへ足を運び、家族や福祉施設の方も含め人間関係を丁寧に作っていき、契約を結ぶ」という過程を何よりも大切にしています。

重度の障害のある作家さんと契約を結ぶこともあり、お金の感覚があまりない方もいらっしゃいます。
だからこそ作家さん、保護者の方、福祉施設という3者確認が重要だと考えます。

そして、アートが商品に変わり次第、作家さんへお届けし、実際に手にとって確認していただきます。
完全には理解してもらえない時も伝えようとして伝え続ければ、「何か楽しいことが起こっていること」は感じ取ってくれるようです。