買い物を、いい未来へつなぐ。

買い物を、
いい未来へつなぐ。

「いいもの買っちゃったな」
買い物は、気持ちが弾む。
経済が回る。世の中が動く。
せっかくならば、もう一歩。
いい「買い方」のご提案です。
このカードは、利用額の0.1%を
福祉を支えるちからに換えることができます。
さあ、一緒に
誰もが暮らしやすい未来へ向かって。

使うたび、社会を前進させる。

ヘラルボニー エポスカード

CARD DESIGN

異彩を放つ、新たなデザイン
Title 「(無題)」
佐々木 早苗
Title 「宇宙」
Fumie Shimaoka

CONCEPT

福祉を支えるちからになるカード
使うたび、
社会を前進させる
ヘラルボニーエポスカード
ご利用金額に応じた加算ポイント(200円につき1ポイント・還元率0.5%)から、
ご利用金額の0.1%分を、ヘラルボニーにお渡しします。
また、カードの新規ご入会1件につき1,000円をエポスカードより、ヘラルボニーへお支払いいたします。 これらは、知的障害のある作家の創作活動やその普及、また福祉団体への寄付として使用されます。
※お客さまへは0.5%から0.1%を減算したポイントが加算されます。

EVENT

イベント
ヘラルボニーエポスカード発行記念
HERALBONY CARAVANを開催
有楽町・国分寺・新宿マルイにて期間限定のミニポップアップストア「HERALBONY CARAVAN」を展開します。

【スケジュール】
11月 1日〜11月21日 有楽町マルイ1階 エントランススペース
11月24日〜12月 3日 国分寺マルイ1階 イベントスペース
12月 6日〜12月21日 新宿マルイ本館1階 イベントスペース

※各日程は変動する可能性がございます。最新情報は公式サイトよりご確認願ください。

ARTISTS

作家の紹介
「(無題)」

SANAE SASAKI

佐々木 早苗
絵画のみならず織り物、切り紙、刺繍など、いずれも緻密で色彩と構成の妙に富む様々な表現を生み出し続けている。彼女は一つの仕事に数か月から数年集中して取り組んだあと、不意にやめて別の仕事に移るのが常。2019年現在の彼女が打ち込んでいるのは、丸く切り抜いた紙をいくつもの色で同心円状に彩色し、塗り終わった紙を壁に並べて貼っていくこと。 在籍:るんびにい美術館(岩手県)
「宇宙」

FUMIE SHIMAOKA

Fumie Shimaoka
彼女の作品の特徴は、独特の色彩感覚でコツコツとちいさなマルやセルを繋げ、好きなモノや想いを描く。当初は、モノクロの作品を描いていたが、次第にたくさんの色を持ち、形を変え、欠片は増殖していき徐々に現在の作風が確立されていった。高校卒業時の色紙に彼女が記した座右の銘は、「人生予期しないことが起こるからおもしろい」。現在は、作業所に通いながら、家族と夕食を囲んだ後のテーブルで、のんびりと創作活動を楽しむ毎日を過ごす。

DONOR ORGANIZATION

寄付先団体
きょうされん
きょうされんは、1977年に障害のある人たちの願いをもとに、16カ所の共同作業所によって結成されました。現在は、就労系事業をはじめ、グループホームや相談支援事業所など、障害のある人が生きていく上で関わるすべての事業を対象としており、約1,870カ所の会員(加盟事業所)により構成されています。スローガンとして「あたりまえに働き えらべるくらしを~障害者権利条約を地域のすみずみに~」を掲げ、障害のある人たちが安心して地域生活を送れることをめざし活動を続けています。

使うたび、社会を前進させる。

ヘラルボニー
エポスカード

ヘラルボニー エポスカード

使うたび、社会を前進させる。

ヘラルボニー
エポスカード

ヘラルボニー エポスカード