【GALLERY】第3回原画展「岩瀬俊一展」を8月7日より開催

【GALLERY】第3回原画展「岩瀬俊一展」を8月7日より開催
障害のある作家の才能を披露するアートギャラリー「HERALBONY GALLERY」(岩手県盛岡市)にて、第3回目となる原画展「岩瀬俊一展」を8月7日より開催いたします。
当展では「やまなみ工房」(滋賀県甲賀市)に在籍するアーティスト、岩瀬俊一(いわせ・しゅんいち)が描いた実物の原画作品を展示します。
【概要】
「岩瀬俊一展」
作 家:岩瀬 俊一(Shunichi Iwase)
会 期:2021年8月7日~9月12日(8月28日より一部作品を入替して展示予定)
時 間:12:00‐19:00
定休日:水・木 ※会期終了後、展示入替期間のため1週間ほど閉廊予定
会 場:岩手県盛岡市開運橋通2‐38@HOMEDLUXビル4階
入場料:無料
主 催:株式会社ヘラルボニー
協 力:やまなみ工房(滋賀県甲賀市)
【展示アーティスト】
作家:岩瀬 俊一(Shunichi Iwase)
所属:やまなみ工房(滋賀県甲賀市)
1973生まれ。滋賀県在住。2008年から『やまなみ工房』に所属。
ペンを用いて人物や動物等、モチーフが決まると彼独自の視点で余白を余すことなく、紙面全てにゆっくりと描きこんでいく。彼の内向的で真面目な性格が作品にも反映され描く線の一つひとつがとても丁寧で、まるで細い糸が絡み合っているかのように繊細に描かれる。日常では、ほとんど言葉も発することなく意見を求めても、顔を赤らめながら、か細い声で一言口にする程度しかない彼の作品からは、内に秘めた思い全てが放出され、訴えかける力強さに満ち溢れている。彼もまた自己を表現する術を作品制作に見出したひとりであり、これからも彼の世界観は大きく広がっていくだろう。